コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条坊の制 じょうぼうのせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

条坊の制
じょうぼうのせい

市街を東西南北に通じる道路によって区画した古代の都城制。日本の平城京平安京にみられるこの制度は,唐の長安の都制を模したものである。平安京は羅城門大内裏とを結ぶ朱雀大路によって左右両京に分けられ,左京は大宮,西・東洞院,東京極の,右京は西大宮,道祖,木辻,西京極の南北に走る大路によって区切られ,これがさらに一条,土御門中御門,二~九条の東西に走る大路によって区画されている。この大路によって囲まれた1区画は 180丈平方 (1坊) で,これがさらに3本の小路によって 16区画に分けられている。この1区画を1町 (まち) といい,4町を1保とした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android