都城制(読み)とじょうせい

百科事典マイペディア「都城制」の解説

都城制【とじょうせい】

日本古代の宮都に影響を与えた中国古代都市の一類型。中国の場合,堅固な城壁で四周を囲んだ城郭都市の構造を持つのが一般的で,内部は中央北よりの宮城を中心に碁盤目状に区画された条坊制をとる。日本では条制は施行されたが,城壁が構築されることはなかった。中国都城制を模倣しようとする試みは難波(なにわ)京・大津京でもあったが,律令体制の整備された藤原京において初めて計画に基づいた造営が行われ,平城京平安京定着
→関連項目白鳳文化

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android