コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条書 じょうしょ

大辞林 第三版の解説

じょうしょ【条書】

箇条書きにした文書。一つ書き。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じょうしょ【条書】

数ある用件を整理し,一つ一つを個条書にすること,またその文書をいう。個条の頭を一(ひとつ)で始める形式で,一つ書きともいう。第1行に内容を摘する場合には,一□□の事とする場合があり,この事書も条書と言えよう。意志の伝達,応答には正確・徹底を要求されるので,戦国期以降用いられた文書形式であり,広くは禁制等の法令の条文もこの分類に入ろう。条書,事書の区別は明確でなく,表題を〈〉とし,別紙に条書と称しているが,一つ書きの事書のみ記された例が《上杉家文書》に見られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の条書の言及

【覚書】より

…(1)ある種の古文書の俗称。正しくは手日記,条目,条書という。当事者間ではすでに理解しあった事柄を,備忘のため記録した書付,使者の口上によって詳しく説明する予定の事柄を個条書きにした文書などを指す。…

※「条書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

条書の関連キーワード朝山日乗(ちょうざんにちじょう)アウクスブルク信条凡例[ぼんれい]タブ (文字)書き立て目録リスティクルビュレット編目・篇目インデント逐条審議行頭文字足利義昭信仰箇条箇条書き一打ち事書き町人嚢箇条書書立て嘉吉記

条書の関連情報