コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事書(き) コトガキ

デジタル大辞泉の解説

こと‐がき【事書(き)】

文書で「一、…の事」という書式で書くこと。また、その書式で書いたもの。箇条書き。
古文書学の用語。公文書の本文の前にあって、「…事」と主旨を要約して記載した部分。
(「言書き」とも書く)和歌の初めに書く小序。詞書(ことばがき)。
「―に私の家にてと書かれたれば」〈謡・定家

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ことがき【事書】

古文書学上の用語。一般に〈一,何々之事〉として次に述べる本文の内容を個条書きにしてある文書をその外見から事書といい,一通の文書の中でも文書の書きだしの部分(端作(はしづく)り)が〈何々之事〉として次の本文に続いている場合,その部分を指して事書という。またとくに寺院内で衆徒らが群議して決議文を作成した場合,たとえ一個条の決議であっても,その端作りは〈何々之事〉となっているため,これを事書とよんでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の事書(き)の言及

【条書】より

…個条の頭を一(ひとつ)で始める形式で,一つ書きともいう。第1行に内容を摘記する場合には,一□□の事とする場合があり,この事書も条書と言えよう。意志の伝達,応答には正確・徹底を要求されるので,戦国期以降用いられた文書形式であり,広くは禁制等の法令の条文もこの分類に入ろう。…

※「事書(き)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

事書(き)の関連キーワードアッバース・ミールザーA. ホロドヴィッチハウスブーフの画家タフターウィーロートレアモン建武年中行事N. カプル年中行事秘抄禁河十二部書宗像氏事書御成敗式目大内家壁書職務経歴書玉葉和歌集観心寺文書長谷信篤グラハム中原師遠五十川基阿部真造

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android