(読み)ジョウ

デジタル大辞泉の解説

じょう〔デウ〕【条】

[名]
箇条書きにした一つ一つの項目。条項。「を追って審議する」
…のこと。…の件。「先般お申し越しの、承知いたしました」
接続助詞的用法。
㋐…によって。…の故に。現代文では候文の手紙などに用いる。「殊勝に候、差し許すべく候」
㋑(「とは言い条」の形で)…ものの。…ても。「天候のせいとは言い配達が遅れて申し訳ない」
古代の都城区画。→条坊
古代の土地区画。→条里制
[接尾]
細長いものを数えるのに用いる。「帯一」「一の川」
いくつかに分かれた事項の数を数えるのに用いる。「十七の憲法」「第一

じょう【条〔條〕】[漢字項目]

[音]ジョウ(デウ)(呉) [訓]すじ
学習漢字]5年
木の細い枝。「枝条柳条
すじ。すじ状のもの。「条痕(じょうこん)軌条索条線条鉄条発条(はつじょう)
縦横に区切った道筋。「条坊条里制
秩序立った筋道。「条理
一筋ずつ書き並べた文。「条件条項条文条約条例箇条教条玉条信条前条逐条
事柄。「別条
「絛」(さなだひも)の代用字。「条虫
[名のり]え・えだ・なが
[難読]条彫(すじぼ)り条播(すじま)き発条(ばね)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おち【条】

いくつかに分かれている事項を数えるのに用いる語。条じよう。箇条。 「憲法いつくしきのり十七とおあまりなな-/日本書紀 推古訓

じょう【条】

[1] ( 名 )
ひとつずつ書き分けた文章。箇条。 「仁徳七年四月の-に見える事件」
条坊制で、南北を九つに分けた一区画。
古代、条里制の耕地の一区画。
(形式名詞) こと。かど。段。 「無音ぶいんに乱入の-甚だいはれなし/保元
(候文で、接続助詞的に用いて)…によって。…故に。 「信長別して入魂申され候-、いよいよ向後御隔心なく/秀吉書簡」
( 接尾 )
助数詞。
条文・条項などを数えるのに用いる。 「十七-の憲法」 「憲法第九-」
細長いものを数えるのに用いる。 「一-の光」 「九-の白旗」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おち をち【条】

〘名〙 (助数詞的に用いられて) 条(じょう)。箇条。→条条(おちおち)
※書紀(720)推古一二年四月(岩崎本訓)「皇太子、親(みづか)ら肇(はじ)めて憲法(いつくしきのり)十七条(とをちあまりななヲチ)を作(つく)りき」

じょう デウ【条】

[1] 〘名〙
① 条坊の制で、都(平城京・平安京)の左京・右京おのおの南北を、一条から九条に区画したもの。また、その大路をいう。東西は朱雀大路を中心に左京・右京おのおの一坊から四坊に分つ。
※小右記‐寛仁三年(1019)四月一三日「此両三日間、諸条造道守舎云々」
② 令制に基づく耕地区画の名。
※朝野群載‐二・承和五年(838)一二月一五日「同条荒見社、里十坪十一坪十四坪十五坪、合拾肆町也」
③ (形式名詞的に用いる) すじ。くだり。廉(かど)。こと。
※古事談(1212‐15頃)二「うひうひしく被思食之条尤道理也」
※保元(1220頃か)上「未だ天の明けざらむ前に、勝負を決せむ条、何の疑ひか侯ふべき」 〔書経‐盤庚〕
④ ひとまとまりの文章。条文。
※律(718)名例「下条准此」
⑤ (候文の中で接続助詞のように用いられて) 前の文を受けて、その当然の結果として次の文が成り立つことを示す。…によって。故に。
※小早川家文書‐天正一九年(1591)八月二一日・豊臣秀吉法度「三人の人代不申付にをいては、不被及是非候条、其主人を可被加御成敗事」
⑥ ⇒じょう(定)(一)④
[2] 〘接尾〙
① 糸・帯・縄・幕・川・道など、細長いものを数えるのに用いる。
※延喜式(927)一六「幕二条〈一条椽東絁。一条紺調布〉」
② いくつかに分かれている事項を数え上げるのに用いる。
※平家(13C前)二「十七ケ条の御憲法に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【条坊制】より

…日本の都城制において,京域内を縦横に通ずる大路によって碁盤の目のように方格に区分し,東西の列を〈○条〉,南北の列を〈○坊〉とよぶとともに,方格そのものをもまた〈坊〉と称する制度。律令制では,戸令の規定によって,京職の配下として,各坊に坊長1人,各条の4坊ごとに坊令1人が任ぜられ,戸口の検校,姧非の督察,賦徭の催駈に当たった。…

【条里制】より

…古代日本に行われた耕地の地割の制。6町=60歩×6=約650m間隔に土地を縦横の道路や畦畔(けいはん)で方格に区画し,横(東西)の列を条(または図),縦(南北)の列を里とし,それぞれ起点から順次数字を冠して何条・何里と呼ぶ。またこのようにしてできた6町平方の区画(これをまた固有名詞を付して何々里という)の各辺を1町ごとに6等分し,1里内を方1町の地積をもつ36の坪に分かち,それらを(1)千鳥式(連続式),または(2)並行式の数え方に従って,1坪から36坪まで呼称する(図1)。…

※「条」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

条の関連情報