来朝(読み)ライチョウ

デジタル大辞泉の解説

らい‐ちょう〔‐テウ〕【来朝】

[名](スル)
外国人が日本へ来ること。来日。「使節団が来朝する」
外国・属国の使者などが、朝廷へ来て礼物(れいもつ)を献上すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

らい‐ちょう ‥テウ【来朝】

〘名〙
① 諸侯や他国の使者などが朝廷に来ること。入朝。
※続日本紀‐文武元年(697)一〇月辛卯「金弼徳、副使奈麻金任想等来朝」 〔書経‐旅
② 外国人が日本に来ること。来日。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※コサビネ艦隊の抜錨(1930)〈龍胆寺雄〉「前後四回日本に来朝(ライテウ)したことのある卿は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報