コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東アフリカ協力条約 ひがしアフリカきょうりょくじょうやく Treaty for East African Cooperation

1件 の用語解説(東アフリカ協力条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東アフリカ協力条約
ひがしアフリカきょうりょくじょうやく
Treaty for East African Cooperation

1967年6月6日ウガンダの首都カンパラで,ケニアタンザニア,ウガンダ3国の大統領により調印され,同年 12月2日に発効した条約。東アフリカ共同体の設立,その不可欠な機能としての東アフリカ共同市場の存続を決め,共通関税,共通消費税,域内貿易制限の撤廃,共通農業政策の採用,東アフリカ開発銀行の設置,経済計画の調整,交通政策の調整,域内移転税の採用などを規定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東アフリカ協力条約の関連キーワードウガンダエンテベキガリトロロカスビの丘チブリモスクナミレンベ大聖堂ウガンダ岩忠範王カスビのブガンダ王国歴代国王の墓

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone