コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東アフリカ協力条約 ひがしアフリカきょうりょくじょうやくTreaty for East African Cooperation

1件 の用語解説(東アフリカ協力条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東アフリカ協力条約
ひがしアフリカきょうりょくじょうやく
Treaty for East African Cooperation

1967年6月6日ウガンダの首都カンパラで,ケニアタンザニア,ウガンダ3国の大統領により調印され,同年 12月2日に発効した条約。東アフリカ共同体の設立,その不可欠な機能としての東アフリカ共同市場の存続を決め,共通関税,共通消費税,域内貿易制限の撤廃,共通農業政策の採用,東アフリカ開発銀行の設置,経済計画の調整,交通政策の調整,域内移転税の採用などを規定した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

東アフリカ協力条約の関連キーワードヨネスケトヨタセンチュリーVG20Dロータリエンジン 10A 型アジアカップ恵庭事件北欧映画カーターソユーズドヌーブビアフラ戦争

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone