コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東アフリカ協力条約 ひがしアフリカきょうりょくじょうやくTreaty for East African Cooperation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東アフリカ協力条約
ひがしアフリカきょうりょくじょうやく
Treaty for East African Cooperation

1967年6月6日ウガンダの首都カンパラで,ケニアタンザニア,ウガンダ3国の大統領により調印され,同年 12月2日に発効した条約。東アフリカ共同体の設立,その不可欠な機能としての東アフリカ共同市場の存続を決め,共通関税,共通消費税,域内貿易制限の撤廃,共通農業政策の採用東アフリカ開発銀行の設置,経済計画の調整,交通政策の調整,域内移転税の採用などを規定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

東アフリカ協力条約の関連キーワードゴダール(Jean-Luc Godard)新藤兼人森一生コーマン野村芳太郎二川幸夫増村保造ルルーシュ宇宙開発史(年表)[各個指定]芸能部門

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android