東アフリカ協力条約(読み)ひがしアフリカきょうりょくじょうやく(英語表記)Treaty for East African Cooperation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東アフリカ協力条約
ひがしアフリカきょうりょくじょうやく
Treaty for East African Cooperation

1967年6月6日ウガンダの首都カンパラで,ケニアタンザニア,ウガンダ3国の大統領により調印され,同年 12月2日に発効した条約。東アフリカ共同体の設立,その不可欠な機能としての東アフリカ共同市場の存続を決め,共通関税,共通消費税,域内貿易制限の撤廃,共通農業政策の採用東アフリカ開発銀行の設置,経済計画の調整,交通政策の調整,域内移転税の採用などを規定した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android