コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東シナ海低気圧 ひがしシナかいていきあつ

3件 の用語解説(東シナ海低気圧の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東シナ海低気圧
ひがしシナかいていきあつ

東シナ海で発生し,発達しながら東ないし東北東の方向に進む低気圧。特に冬季や春の初め頃に八丈島付近を通過すると関東平野部で大雪となることがある。この低気圧は日本の東に抜け,急速に発達して北日本に荒れた天気をもたらし,爆弾低気圧呼ばれることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ひがしシナかいていきあつ【東シナ海低気圧】

東シナ海で発生する低気圧。本州南岸を発達しながら北東へ進み、太平洋岸に春の大雪をもたらす。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東シナ海低気圧
ひがししなかいていきあつ

東シナ海や台湾近海に発生する温帯低気圧。急速に発達しながら、日本の南海上を通り、南岸の地方を中心に雨や雪を降らせ、さらに北東に進んで北日本に暴風雨や暴風雪をもたらす。この低気圧が発生するときは、大陸の高気圧が舌状に日本付近にやや北偏して張り出し、その南西の縁辺にあたる東シナ海や台湾近海の等圧線が北方に丸みを帯びてくぼみ、東西方向に伸びる停滞前線波を打つ形となって温暖前線寒冷前線になる。冬から春にかけてよく現れる。かつては「台湾坊主」ともよばれた。台湾坊主の名は、発生期の等圧線の形に由来するといわれる。[倉嶋 厚・青木 孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東シナ海低気圧の関連キーワード低気圧南岸低気圧然しながら在りしながらクシナガラ城昔乍ら乍ら食べ東シナ海のガス田問題徳島県阿南市加茂町東ながせ東シナ海低気圧型

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone