東トルキスタンイスラム運動(読み)ひがしトルキスタンイスラムうんどう

百科事典マイペディアの解説

東トルキスタンイスラム運動【ひがしトルキスタンイスラムうんどう】

ウイグル族による分離主義過激組織。東トルキスタンとは中国,新疆ウイグル自治区の分離独立を主張するウイグル族が〈新疆〉(しんきょう)という呼称を嫌い〈東トルキスタン〉という呼称を用いることからくる。1997年,中国政府に逮捕された後に国外へ逃亡した最高指導者ハッサン・マフスームが,アブドゥカディル・ヤプケンとともに設立し,組織名を〈トルキスタンイスラム党〉(TIP)と名乗った。アフガニスタンでアル・カーイダ及びタリバーンと共闘関係にあったとされる。2003年12月中国政府はTIPを〈東トルキスタンイスラム運動〉(ETIM)の名でテロ組織に指定,国連と米国政府もテロリスト集団に指定した。2003年10月,パキスタン当局は,パキスタン西部のアル・カーイダ関連施設を攻撃した際に,マフスームを殺害したと発表。一方,2004年,ヤプケンはトルコに亡命したといわれる。マフスームの死後,アブドゥル・ハクが最高指導者となったが,2010年2月パキスタン北ワジリスタン地区で,爆撃により死亡した。ETIMは〈タリバーン〉統治下のアフガニスタンの訓練キャンプでメンバーを訓練したとされる。2009年10月には,アル・カーイダ幹部が,東トルキスタンを主題とした,中国政府への〈ジハード〉を呼び掛けるビデオ声明を出している。2011年7月,新疆ウイグル自治区のホータン及びカシュガルで,警察官及び一般住民を狙った複数の襲撃事件が発生,その後,同年9月,TIPの指導者を名のる者による犯行声明(映像)がインターネットに掲載されているのが確認された。2013年11月の天安門自動車爆破事件,2014年3月昆明駅で無差別暴力事件,さらに2014年4月,習近平国家主席が新疆ウイグル自治区を視察した直後にウルムチの駅で爆発物と刃物によるテロ事件が発生,中国政府は頻発する反政府テロ活動を新疆ウイグル自治区の〈分裂主義者の組織的暴力テロ〉としているが,いずれの事件も詳細は明らかにされておらず不明である。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる