コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

習近平 しゅうきんぺいXi Jinping

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

習近平
しゅうきんぺい
Xi Jinping

[生]1953.6.15?. 陝西,富平
中国の政治家。中国共産党中央委員会総書記(在任 2012~ ),国家主席(在任 2013~ ),国家中央軍事委員会主席(在任 2013~ )。父は国務院副総理などの要職を歴任し,毛沢東の戦友だった習仲勲。しかし文化大革命で失脚し,習近平も 1969年に陝西省に下放され農業コミューンで 6年にわたり肉体労働者として働いた。1974年に中国共産党に入党,陝西省の党支部書記となる。1975年に清華大学化学工程学部に入学。卒業後,国務院副総理の秘書を 3年務めた。1982年河北省正定県党委員会副書記,1985年に福建省廈門市党委員会常務委員および副市長に任命される。1987年に著名な歌手の彭麗媛と結婚。その後,福州市党委員会副書記,福建省省長を経て,2002年に浙江省省長代理に就任,2003年には浙江省党委員会書記となる。2007年,上海市の党委員会書記に就任。その後まもなく中国共産党中央政治局の常務委員 9人の一人に選ばれた。2008年3月,国家副主席に選出,2010年10月には中央軍事委員会の副主席に任命された。2012年11月に開催された中国共産党の第18期第1次中央委員会全体会議で中央政治局常務委員に再選され,胡錦濤の後継として総書記に就任。また同時に,党中央軍事委員会主席の座についた。2013年3月14日,全国人民代表大会で国家主席,国家中央軍事委員会主席に就任した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

習近平

中国の国家副主席で、ポスト胡錦濤(フー・チンタオ)の最有力候補。2010年10月に開かれた「第17期5中全会」で、中央軍事委員会副主席に選出された。序列6位の政治局常務委員(党の最高意思決定機関)であり、人民解放軍を掌握するポストに就いたことから、順当に行けば、12年の第18回党大会で国家主席に選ばれることになる。
習氏は1953年北京生まれ。習仲勲元副首相を父に持ち、幼少年期は党幹部が集まる中南海に住んでいた。典型的な幹部エリート子息で、「太子党」の代表格と評されるが、文革期にはブルジョア知識人の一族として、16歳から7年間、陜西省の農村に「下放」された経験を持つ。74年に中国共産党に入党、父仲勲の復権がかなった翌75年に北京へ戻り、清華大学に入学した。79年に同大(化学工業学科)を卒業した後、党中央軍事委員会幹部の秘書を務めるが、地方官僚の道を志願し、自ら出世コースを離れた。
その後、25年間にわたり、河北省正定県の党委員会副書記、福建省アモイ市副市長、福建省長、浙江省長代理、上海市党委書記など地方の要職を歴任し、行政サービスの拡大や私企業の育成などで実績を重ねた。また、汚職にも強い姿勢で臨み、福建省寧徳地区の党委書記時代には汚職公務員1600人以上を処分している。99年には、中国全土をゆるがした大型脱税・収賄事件(アモイ遠華事件)が起こり、党幹部が次々と逮捕されたが、習氏はいっさい関与しなかった。こうしたことから、経済の実務派、クリーンな政治家としての評価も高い。
02年の第16回党大会で政治局常務委員の候補に挙がり、共青団出身で胡錦濤の信頼が厚い李克強(リー・コーチアン)とともに「第5世代のホープ」として注目されるようになる。この時は時期尚早として見送られたが、07年の第17回党大会で政治局常務委員入りを果たした。共青団系の現指導部に対立する江沢民(チアン・ツォーミン) (前国家主席)や太子党の曽慶紅(前国家副主席)らの後押しがあったものと見られる。翌08年3月の全国人民代表大会で国家副主席に選ばれ、同年8月に開催された北京オリンピックの責任者も務めた。
副主席就任後の初来日は、09年12月中旬。宮内庁が定める「1カ月ルール」を外れ、天皇陛下と会見したことで知られる。夫人は解放軍の国民的歌手・彭麗媛。

(大迫秀樹  フリー編集者 / 2010年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

デジタル大辞泉の解説

シー‐チンピン【習近平】

[1953~ ]中国の政治家。陝西省出身。清華大学卒業。1974年中国共産党入党。2000年福建省長、2007年上海市党委員会書記・党中央政治局常務委員・中央党校校長を経て、2008年国家副主席就任。2012年、胡錦濤後任として党総書記・中央軍事委員会主席に就任。2013年3月、国家主席に就任。

しゅう‐きんぺい〔シフ‐〕【習近平】

シー=チンピン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

習近平【しゅうきんぺい】

中国の政治家。陝西省富平の出身。父は中国革命元老の一人習仲勲。清華大学化学工程部卒業。2000年代に,福建省長,浙江省党書記,上海市党委員会書記を歴任。2007年,中国共産党中央委員会全体会議で政治局常務委員に選出され,中央書記処第一書記に就任,胡錦濤の後継者競争でライバルと目されていた李克強に水をあけたとされた。
→関連項目薄熙來東トルキスタンイスラム運動

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

習近平
しゅうきんぺい / シージンピン
(1953― )

中国の政治家。陝西(せんせい)省出身、太子党の主要メンバー。父親は共産党元老で、元国務院副総理(副首相)の習仲勲(しゅうちゅうくん)(1913―2002)。少年時代は北京(ペキン)の高級幹部居住地、中南海で特権階級として過ごす。父親の失脚に伴い15歳のときに陝西省延川県の農村部に送られ、約7年農作業に従事した。1975年に推薦入学で名門、清華大学の化学工程学部に入学。卒業後、復権した父親の縁故で中央軍事委員会に就職し、国防相秘書などを担当した。1982年から河北省正定県党委員会副書記を皮切りに、厦門(アモイ)副市長、福州市党委員会書記、福建(ふっけん)省長、上海(シャンハイ)市党委員会書記など地方指導者を25年間経験した。しかし、目だった実績はあまりなかった。温厚な人柄で知られ、党内の敵は少ない。2007年10月に江沢民(こうたくみん)らに推薦され、各派閥とも受け入れられる人物として胡錦濤(こきんとう)の後継者に選ばれた。2012年11月に党の最高指導者である共産党総書記に就任。2013年3月に国家主席および国家中央軍事委員会主席に選出され、党・国家・軍の最高指導者となった。妻は中国を代表する歌手の彭麗媛(ほうれいえん)。一人娘の習明沢はアメリカのハーバード大学に留学している(2013年1月時点)。総書記就任後、講演などで共産党の指導力強化を訴えることが多く、政治的スタンスは保守とみられる。同時に、外交問題で強硬派として知られ、沖縄・尖閣諸島(せんかくしょとう)問題で日本との対決姿勢を強めている。[矢板明夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

習近平の関連キーワード環境調査エージェンシー(EIA)アジア相互協力信頼醸成措置会議上海ディズニーリゾートアジアインフラ投資銀行シルクロード経済帯ユーラシア経済同盟シャドーバンキング国有企業(中国)二階氏の中韓訪問習近平氏の思想中国人民解放軍シーチンピンリコノミクス天皇特例会見南シナ海問題歴史認識問題中国脅威論反腐敗運動核心的利益一帯一路

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

習近平の関連情報