コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東成瀬[村] ひがしなるせ

1件 の用語解説(東成瀬[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしなるせ【東成瀬[村]】

秋田県南東端,雄勝郡の村。人口3568(1995)。真昼山地に含まれる標高1000m級の山が峰を連ねる。村域の大部分は広葉樹を中心とする山林からなり,中央を成瀬川が北流する。耕地が少ないため近世以来養蚕,タバコ栽培などに依存してきたが,現在も耕地規模は零細で出稼ぎも多い。山地を利用して肉牛の放牧が行われ,村営の柳沢牧場,長倉牧場,焼石岳自然放牧場がある。岩手・宮城との県境の栗駒山一帯は栗駒国定公園に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

東成瀬[村]の関連キーワード院内銀山雄物川秋田羽後湯沢雄勝の柵小野こまち大日向作太郎藤原利三郎茂木亀六

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone