コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東藻琴 ひがしもこと

2件 の用語解説(東藻琴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東藻琴
ひがしもこと

北海道北東部,大空町東部の旧村域。藻琴山 (1000m) の北麓に位置する。 1947年網走町から分離して東藻琴村が成立。 2006年女満別町と合体して大空町となった。地名はアイヌ語モコト (眠っている沼の意) に由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東藻琴
ひがしもこと

北海道東部、網走(あばしり)支庁(現、オホーツク総合振興局)管内にあった旧村名(東藻琴村(むら))。現在は網走郡大空(おおぞら)町の東部を占める地域。旧東藻琴村は1947年(昭和22)網走町から分村、同時に網走町は市制施行して網走市となった。2006年(平成18)、網走郡女満別(めまんべつ)町と合併して大空町となる。旧村名の藻琴の由来はアイヌ語モコルト(眠る沼の意)など数説がある。国道334号が通じる。旧村域は網走市の南東部に接し、藻琴山の北麓(ほくろく)に続く斜面と丘陵地、藻琴川とその支流が開析した谷床からなる。開拓は1906年(明治39)に始まり、大正中期までのハッカ、アマ栽培などの好況が開拓を前進させた。現在は水稲作はほとんど行われず、サトウダイコン(テンサイ)、ジャガイモ、小麦などの寒地畑作と酪農を中心とするが、1980年代以降はナガイモや花卉(かき)の栽培、肉牛肥育などをとり入れた複合経営も広まっている。[岡本次郎]
『『東藻琴村史』(1972・東藻琴村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東藻琴の関連情報