コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東藻琴 ひがしもこと

2件 の用語解説(東藻琴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東藻琴
ひがしもこと

北海道北東部,大空町東部の旧村域。藻琴山 (1000m) の北麓に位置する。 1947年網走町から分離して東藻琴村が成立。 2006年女満別町と合体して大空町となった。地名はアイヌ語モコト (眠っている沼の意) に由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東藻琴
ひがしもこと

北海道東部、網走(あばしり)支庁(現、オホーツク総合振興局)管内にあった旧村名(東藻琴村(むら))。現在は網走郡大空(おおぞら)町の東部を占める地域。旧東藻琴村は1947年(昭和22)網走町から分村、同時に網走町は市制施行して網走市となった。2006年(平成18)、網走郡女満別(めまんべつ)町と合併して大空町となる。旧村名の藻琴の由来はアイヌ語モコルト(眠る沼の意)など数説がある。国道334号が通じる。旧村域は網走市の南東部に接し、藻琴山の北麓(ほくろく)に続く斜面と丘陵地、藻琴川とその支流が開析した谷床からなる。開拓は1906年(明治39)に始まり、大正中期までのハッカ、アマ栽培などの好況が開拓を前進させた。現在は水稲作はほとんど行われず、サトウダイコン(テンサイ)、ジャガイモ、小麦などの寒地畑作と酪農を中心とするが、1980年代以降はナガイモや花卉(かき)の栽培、肉牛肥育などをとり入れた複合経営も広まっている。[岡本次郎]
『『東藻琴村史』(1972・東藻琴村)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東藻琴の関連キーワード北海道網走郡大空町東藻琴東藻琴〈村〉北海道網走郡大空町東藻琴清浦北海道網走郡大空町東藻琴栄北海道網走郡大空町東藻琴新富北海道網走郡大空町東藻琴千草北海道網走郡大空町東藻琴西倉北海道網走郡大空町東藻琴福富北海道網走郡大空町東藻琴明生北海道網走郡大空町東藻琴山園

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東藻琴の関連情報