コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

女満別 めまんべつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

女満別
めまんべつ

北海道北東部,大空町西部の旧町域。 1951年町制施行。 2006年東藻琴村と合体して大空町となった。地名はアイヌ語メムヤムベツ (冷たい泉の湧いている川の意) に由来。網走湖南方の農業地域で,東部の台地は,テンサイ,ジャガイモ,タマネギ,豆類などの栽培,網走川沿いの低地では米作が行なわれる。北部の網走湖畔一帯は網走国定公園に属し,湖畔の女満別湿生植物群落は国の天然記念物。北見,網走地区の空の玄関,女満別空港の所在地。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

めまんべつ【女満別】

北海道東部、網走支庁大空町の地名。網走市に隣接し、空港がある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

女満別
めまんべつ

北海道東部、網走(あばしり)支庁(現、オホーツク総合振興局)管内にあった旧町名(女満別町(ちょう))。現在は網走郡大空(おおぞら)町の北西部を占める地域。旧女満別町は1951年(昭和26)町制施行。2006年(平成18)、網走郡東藻琴(ひがしもこと)村と合併して大空町となる。女満別の名はアイヌ語メマンペッ(泉池がある川の意)による。旧町域をJR石北(せきほく)本線、国道39号、334号が通じる。網走市の南に位置し、東部は藻琴山北麓(ほくろく)に続く火山灰土の台地、中央部は北流して網走湖に入る網走川の沖積地、西部は丘陵地である。農業が主要産業で、網走川、女満別川流域の低地は水田地帯で、減反政策により稲作の比重は低下したが、かつては限界地にもかかわらず高収量を誇っていた。広い台地はサトウダイコン(テンサイ)、ジャガイモ、ムギなどの畑作と酪農が行われる。中心市街は網走湖岸に位置し、付近の女満別空港は新千歳、丘珠(おかだま)、東京、名古屋、大阪と結ばれる。網走湖南東岸の女満別湿生植物群落(国指定天然記念物)はヤチダモ、ハンノキを主とする自然林で、林床にはミズバショウの大群落がある。網走湖畔は網走国定公園域。[岡本次郎]
『『女満別町史』(1969・女満別町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

女満別の関連キーワード北海道エアシステム(HAC)北海道網走郡大空町女満別〈町〉女満別[町]スノックくん美幌(町)石刃鏃文化大空[町]AIRDO大空(町)本間 整気象台網走市天都山

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

女満別の関連情報