コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東鳴子温泉 ひがしなるこおんせん

2件 の用語解説(東鳴子温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東鳴子温泉
ひがしなるこおんせん

宮城県北西部,大崎市江合川 (荒雄川) 岸に近い平坦地にある温泉。田中温泉,新田中温泉,赤湯温泉,新赤湯温泉の総称。泉質は硫黄泉,硫酸塩泉,鉄泉。泉温は 44~97℃。鳴子温泉郷のなかでも湯治場的性格が最も強い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東鳴子温泉
ひがしなるこおんせん

宮城県北西部、大崎(おおさき)市鳴子温泉にある温泉。鳴子温泉郷の一つ。江戸時代は田中、赤湯、鷲ノ湯、目の湯とよばれた。赤湯は「赤梅の星」とよばれ、仙台藩主や伊達(だて)一門の岩出山(いわでやま)城主の湯治場ともなった。泉質は二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉など。JR陸羽東線鳴子御殿湯駅下車。国道47号が通じる。[長谷川典夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

東鳴子温泉の関連情報