松代群発地震(読み)マツシログンパツジシン

大辞林 第三版の解説

まつしろぐんぱつじしん【松代群発地震】

1965年(昭和40)から71年にかけて、長野市松代を中心に発生した群発地震。狭い地域内で頻発する地震として注目され、この地震を契機に地震予知の研究が大いに前進した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松代群発地震
まつしろぐんぱつじしん

1965年(昭和40)8月3日から長野市の松代付近に発生した群発地震。第一期は66年2月までで、震源は皆神(みなかみ)山を中心とする半径5キロメートル以内の地域にあった。第二期は同年7月までのもっとも活発な時期で、湧水(わきみず)や地割れなどの地震現象が現れた。第三期は同年12月までで、皆神山周辺の地震活動は減ったが、皆神山は7~11月の間に約90センチメートル隆起した。皆神山付近に湧水があり、約1000万立方メートルの水が湧(わ)き出し、このための地すべりによって同市牧内(まきうち)地区の民家11棟が倒れた。第四期は67年5月までで、震源域は北東―南西方向に広がり、周辺部に活動が移り、中央部の活動は減った。それ以後の第五期に至って地震活動は急速に減少した。[宇佐美龍夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

まつしろ‐ぐんぱつじしん ‥グンパツヂシン【松代群発地震】

昭和四〇年(一九六五)八月三日からほぼ三年間つづいた、長野市松代町皆神山付近を震源とした一連の地震。最大規模マグニチュード五・二。松代では同四四年末までに有感地震、約六万二六〇〇回を数える。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の松代群発地震の言及

【群発地震】より

…火山活動と直接の関係は認められないが,火山帯に沿って大小の群発地震が発生することも事実である。1930年の伊東群発地震,65年から始まった松代群発地震,78‐79年の伊東群発地震などである。これらの群発地震はしばしば地殻の隆起を伴う。…

※「松代群発地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android