コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松代群発地震 マツシログンパツジシン

3件 の用語解説(松代群発地震の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

まつしろ‐ぐんぱつじしん〔‐グンパツヂシン〕【松代群発地震】

昭和40年(1965)8月から長野市松代を中心に発生した群発地震。終息した昭和45年(1970)末までに松代で有感地震6万2821回を数え、建物の損壊、地割れ、大量の湧水と地すべり、地盤の隆起などがあった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

まつしろぐんぱつじしん【松代群発地震】

1965年(昭和40)から71年にかけて、長野市松代を中心に発生した群発地震。狭い地域内で頻発する地震として注目され、この地震を契機に地震予知の研究が大いに前進した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松代群発地震
まつしろぐんぱつじしん

1965年(昭和40)8月3日から長野市の松代付近に発生した群発地震。第一期は66年2月までで、震源は皆神(みなかみ)山を中心とする半径5キロメートル以内の地域にあった。第二期は同年7月までのもっとも活発な時期で、湧水(わきみず)や地割れなどの地震現象が現れた。第三期は同年12月までで、皆神山周辺の地震活動は減ったが、皆神山は7~11月の間に約90センチメートル隆起した。皆神山付近に湧水があり、約1000万立方メートルの水が湧(わ)き出し、このための地すべりによって同市牧内(まきうち)地区の民家11棟が倒れた。第四期は67年5月までで、震源域は北東―南西方向に広がり、周辺部に活動が移り、中央部の活動は減った。それ以後の第五期に至って地震活動は急速に減少した。[宇佐美龍夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松代群発地震の言及

【群発地震】より

…火山活動と直接の関係は認められないが,火山帯に沿って大小の群発地震が発生することも事実である。1930年の伊東群発地震,65年から始まった松代群発地震,78‐79年の伊東群発地震などである。これらの群発地震はしばしば地殻の隆起を伴う。…

※「松代群発地震」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松代群発地震の関連キーワード長野県長野市松代温泉長野県長野市松代町岩野長野県長野市松代町大室長野県長野市松代町清野長野県長野市松代町柴長野県長野市松代町城東長野県長野市松代町豊栄長野県長野市松代町東条長野県長野市松代町牧島長野県長野市松代町松代

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone