松伏[町](読み)まつぶし

世界大百科事典 第2版の解説

まつぶし【松伏[町]】

埼玉県東端,北葛飾(きたかつしか)郡の町。人口2万7775(1995)。東は江戸川を隔てて千葉県に接する。北東部の台地以外は大部分が江戸川と古利根川にはさまれた沖積低地である。近世には八郷ともよばれ,水田の間に桃の木が植えられ,桃を特産した。古くから米作が盛んな農業地帯で,近年は野菜の生産も行われる。1960年代から人口が増加しつづけている。鉄道や国道は通じないが越谷市野田市へのバスの便がよく,東京方面への通勤者も多い。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android