コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八郷 やさと

2件 の用語解説(八郷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八郷
やさと

茨城県中部,石岡市北・西部を占める旧町域。筑波山地の東麓にある。 1955年柿岡町と林村,園部村,瓦会村,恋瀬村,葦穂村,小幡村,小桜村の7村が合体して八郷町が発足。 2005年石岡市と合体し石岡市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

八郷
やさと

茨城県中部、新治(にいはり)郡にあった旧町名(八郷町(まち))。現在は石岡市の北西部を占める地域。1955年(昭和30)柿岡(かきおか)町と小幡(おばた)、葦穂(あしほ)、恋瀬(こいせ)、瓦会(かわらえ)、園部(そのべ)、林(はやし)、小桜(こざくら)の7村が合併。八つの郷(さと)の意より新町名を八郷とした。八郷町は2005年(平成17)石岡市に合併。旧町域は筑波(つくば)山塊に囲まれた柿岡(山根(やまね))盆地と、恋瀬川流域低地をもつ。主要地方道石岡下館(しもだて)線が通じる。中世は小田氏一族、のち佐竹氏が支配し、近世は天領、旗本領に分属した。中心地は柿岡で商業町をなすが、産業は農業が主で、クリ、ナシ、ブドウなどの果樹、ブタ・乳牛飼育、養鶏などの畜産、蔬菜(そさい)・花卉(かき)園芸が盛んであり、とくに山麓(さんろく)斜面の冬季温暖地帯は、甘ガキ、ミカンの北限の産地の一つとして有名。気象庁地磁気観測所や、バラ園を主とする茨城県フラワーパークがある。西部は水郷筑波国定公園域。国指定重要文化財の善光寺楼門、国史跡の佐久良東雄(さくらあずまお)旧宅、県指定史跡の山県大弐(やまがただいに)の墓、丸山(まるやま)古墳、県天然記念物の球状花崗(かこう)岩、県無形民俗文化財の排禍(はいか)ばやしなど文化財が多く、自然休養村としての観光休養施設も整っている。[櫻井明俊]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

八郷の関連キーワード茨城県石岡市芦穂中部茨城県石岡市石岡茨城県石岡市北根本茨城県石岡市北府中茨城県石岡市国府茨城県石岡市染谷茨城県石岡市辻茨城県石岡市茨城茨城県石岡市半ノ木茨城県石岡市吉生

八郷の関連情報