野田市(読み)のだ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野田〔市〕
のだ

千葉県北西部,江戸川利根川に挟まれた下総台地西端にある市。 1950年野田町と旭,七福 (ななふく) ,梅里の3村が合体して市制。 1957年福田,川間 (かわま) の2村,2003年関宿町を編入。水運による原料・製品輸送の便と消費市場の江戸に近い条件に恵まれ,近世以降は醤油醸造工業が発達。醤油の生産は国内最大。市街地背後に広がる台地では野菜栽培,川沿いでは米作など,農業も盛ん。市域を縦貫する東武鉄道野田線沿線の宅地化が進む。清水公園は桜の名所。隣接する旧花野井家住宅は国の重要文化財。面積 103.55km2。人口 15万3583(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野田市の関連情報