コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松崎蘭谷 まつざき らんこく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松崎蘭谷 まつざき-らんこく

1674-1735 江戸時代前期-中期の儒者,書家。
延宝2年生まれ。伊藤仁斎にまなび,その推挙で丹波篠山(ささやま)藩(兵庫県)につかえる。伊藤東涯と親交。本草学に造詣(ぞうけい)がふかく,書はとくに草書,隷書をよくした。享保(きょうほう)20年7月9日死去。62歳。名は祐之。字(あざな)は子慶。通称は多助。別号に甘白,梅処。著作に「甘白雑録」,編著に「史徴」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松崎蘭谷の関連キーワードシバージーシバージー農業革命ボアローマラータ王国デュ・アルドフォルテグエッリ苅萱桑門筑紫蔵王山雍正帝

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone