コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松川温泉(読み)まつかわおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

松川温泉
まつかわおんせん

岩手県北西部,岩手山北西を流れる松川の渓谷に沿う温泉。八幡平市に属する。泉質は単純硫化水素泉。泉温は 93℃。湯治温泉であるとともに八幡平・岩手山縦走の基地であり,付近一帯にはスキー場が多い。日本最初の松川地熱発電所もある。近くに国の天然記念物モリアオガエルが生息・繁殖する大揚沼がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

まつかわおんせん【松川温泉】

岩手県八幡平市、北上川支流の松川上流にある硫化水素泉。1966年(昭和41)日本で最初に実用化された地熱発電所がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松川温泉
まつかわおんせん

岩手県北西部、八幡平(はちまんたい)市にある温泉。岩手山に連なる山塊の中腹、標高800メートルの地にあり、松川に沿う。泉質は硫黄泉。十和田八幡平(とわだはちまんたい)国立公園域で、八幡平登山、裏岩手縦走コース、冬スキーの基地。松川地熱発電所は1966年(昭和41)に日本で最初に運転を開始した地熱発電所で、発電出力は2万3500キロワットである。JR盛岡駅などからバスの便がある。[金野一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android