コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平容頌 まつだいら かたのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平容頌 まつだいら-かたのぶ

1744-1805 江戸時代中期-後期の大名。
寛保(かんぽう)4年1月9日生まれ。松平容貞(かたさだ)の長男。寛延3年7歳で陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩主松平(保科)家5代となる。55年間藩主の座にあり,家老田中玄宰(はるなか)をもちいて藩政改革をすすめ,漆器製造,養蚕,酒造などの産業の発展につとめた。藩校日新館を開設。文化2年7月29日死去。62歳。初名は容綏(かたやす),のち容清(かたきよ)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

松平容頌 (まつだいらかたのぶ)

生年月日:1744年1月9日
江戸時代中期;後期の大名
1805年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の松平容頌の言及

【藩政改革】より

…だから,大名を補佐する執政に恵まれるとき,藩政の再構築を目ざす藩政改革がみられることになる。この典型としては,肥後熊本藩54万石を受け継いだ第6代細川重賢(しげかた)と家老堀勝名の関係,陸奥会津藩28万石の第5代松平容頌(かたのぶ)と家老田中玄宰との関係,そして,出羽米沢藩15万石の第10代上杉治憲(はるのり)(鷹山)と改革派を代表する竹俣当綱(たけのまたまさつな)との関係をあげることができよう。 上杉治憲が名君の典型であったことはよく知られているが,彼は日向国高鍋藩主秋月氏の次男として生まれ,部屋住上がりの辛酸をなめていた。…

※「松平容頌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松平容頌の関連キーワード古屋昔陽日向梅山生年月日京極高亶松平容住後期寛保

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android