コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠恕 まつだいら ただゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠恕 まつだいら-ただゆき

1825-1902 幕末-明治時代の大名,華族。
文政8年8月7日生まれ。松平忠恵(ただしげ)の長男。安政3年上野(こうずけ)(群馬県)小幡(おばた)藩主松平(奥平)家4代となる。奏者番兼寺社奉行をつとめる。のち日光東照宮宮司(ぐうじ),子爵,貴族院議員。明治35年5月21日死去。78歳。初名は忠慎。通称は鏻三郎。

松平忠恕 まつだいら-ただひろ

1740-1792 江戸時代中期-後期の大名。
元文5年生まれ。松平忠刻(ただとき)の次男。兄忠祗(ただまさ)の養子となり,宝暦12年下野(しもつけ)宇都宮藩主。安永3年旧領に転封(てんぽう)となり,肥前島原藩(長崎県)藩主松平(深溝(ふこうず))家第2次初代。6万5900石。たびかさなる風水害にくわえ,寛政4年4月1日眉山(まゆやま)大崩壊がおこり,心労のあまり同月27日病死。53歳。通称は八十之助,将監。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松平忠恕の関連キーワード大久保忠成松平忠馮

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android