松本 謙三(読み)マツモト ケンゾウ

  • 松本 謙三 (まつもと けんぞう)

20世紀日本人名事典の解説

大正・昭和期の能楽師(下掛宝生流ワキ方)



生年
明治32(1899)年3月21日

没年
昭和55(1980)年9月15日

出生地
富山県砺波郡城端町

主な受賞名〔年〕
芸術祭奨励賞(昭28年度),広瀬記念楽賞〔昭和34年〕,勲四等旭日小綬章〔昭和44年〕,城端町(富山県)名誉町民〔昭和47年〕

経歴
明治42年上京、11歳で宝生新門下となり、43年「岩船」のワキヅレで初舞台。同年「吉野天人」で初ワキを務める。17歳で秘曲「張良」の初演を許されるなど若くして才能を開花させ、ワキ方第一人者として活躍。昭和41年ワキ方で初の人間国宝に認定される。線が太く、堅実な芸風基盤としながら、さまざまなシテに対処できる幅の広さも備えていた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


職業
能楽師(下掛宝生流ワキ方)

肩書
重要無形文化財保持者(能ワキ方)〔昭和41年〕

生年月日
明治32年 3月21日

出生地
富山県 東砺波郡城端町(南砺市)

経歴
明治42年上京、11歳で宝生流10代家元・宝生新の門下となり、43年「岩船」のワキヅレで初舞台。同年「吉野天人」で初ワキを務める。大正5年17歳で秘曲「張良」の初演を許されるなど若くして才能を開花させ、ワキ方の第一人者として活躍。昭和8年霞会を発足、主宰。32年より日本能楽会会員。39年能楽使節団の一員としてヨーロッパに派遣される。41年ワキ方で初の人間国宝に認定される。線が太く、堅実な芸風を基盤としながら、さまざまなシテに対処できる幅の広さも備えていた。代表的な舞台に「藤戸」「鸚鵡小町」「」「葵上」「望月」など。

受賞
勲四等旭日小綬章〔昭和44年〕 芸術祭賞奨励賞(昭28年度)「砧」「安宅」,広瀬記念能楽賞(第1回)〔昭和35年〕,城端町(富山県)名誉町民〔昭和47年〕

没年月日
昭和55年 9月15日 (1980年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1899年3月21日
大正時代;昭和時代の能楽師ワキ方
1980年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android