コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本操貞 まつもと そうてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本操貞 まつもと-そうてい

1846-1914 幕末-明治時代の箏曲(そうきょく)家。
弘化(こうか)3年生まれ。2代小名木検校(おなぎけんぎょう),白勢高実に山田流箏曲を,長瀬勝男一(まさおいち)に平曲(平家琵琶(びわ))をまなぶ。また漢籍,和歌,鍼治(しんじ)もおさめた。明治32年山下松琴(しょうきん)らと仁康協会を創設し,あらたに検校,勾当(こうとう)などの位をあたえた。「千代の影」などを作曲。大正3年11月13日死去。69歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松本操貞の関連キーワード明治時代弘化

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android