コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

扶桑教 ふそうきょう

5件 の用語解説(扶桑教の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

扶桑教
ふそうきょう

教派神道 13派の一つ。富士山神道系。長谷川角行を開祖とする富士講の分派したもので,角行の系統は,村上月心,森月行,伊藤食行などに伝わったが,食行の没後指導者もなく教義も乱れていた。明治初年,柴田花守宍野半がこれを継いだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ふそう‐きょう〔フサウケウ〕【扶桑教】

もと教派神道十三派の一。富士講から出た山岳信仰。長谷川角行(はせがわかくぎょう)を開祖とするが、実質的には明治6年(1873)宍野半(ししのなかば)が組織し、同15年に一派独立した。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

扶桑教【ふそうきょう】

教派神道十三派の一つ。長谷川角行の富士道を基礎に,明治初期宍野半(ししのなかば)が富士一山教会を組織,1882年一派として独立。〈元の父母〉と称して造化三神をまつり,その徳化に参加することを教義とする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ふそうきょう【扶桑教】

教派神道十三派の一。教祖、長谷川角行。1873年(明治6)宍野半ししのなかばが、富士講を組織化し、82年に神道事務局から独立。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

扶桑教
ふそうきょう

神道(しんとう)教団の一つ。第二次世界大戦前の神道十三派(教派神道)の一つ。長谷川角行(はせがわかくぎょう)を開祖とする。富士信仰を中心とする山岳信仰を基盤として、明治維新後に組織化されたもの。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身の宍野半(ししのなかば)が1873年(明治6)に結成した富士一山講社が、1875年に神道事務局所属の扶桑教会、ついで1882年に扶桑教として一派独立。当初は丸山(まるやま)教を傘下教会に有していたため大きな教団であったが、1885年丸山教の脱退後、勢力はかなり縮小した。1884年に宍野半が没したのち、宍野健丸(たけまる)、健弌(たけいち)、健之(たけゆき)と、管長職は世襲されてきたが、1988年に杉山一太郎が5世管長に就任した。実際には富士信仰とかかわりのない教会も含まれており、教団としての統一性は乏しい。本部は東京都世田谷(せたがや)区松原。教会数124、布教所数8、教師数407、信者数3万5550(『宗教年鑑』平成26年版)。[井上順孝]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の扶桑教の言及

【教派神道】より

…(1)山陽・近畿の先進的農村を基盤に創唱された黒住教,天理教,金光(こんこう)教。(2)江戸時代後期に発達した富士信仰と木曾御嶽信仰の講を再編成した実行教,扶桑教,御嶽(おんたけ)教。(3)おもに明治初年に組織された惟神(かんながら)の道に立つ禊(みそぎ)教,神理教,神習教,大成教,神道修成派,大社教,神道本局(のち神道大教),神宮教。…

【富士信仰】より

… 江戸時代には,修験道の色彩を弱め,民間信仰の富士講が中心となり,富士講の一派が不二道(ふじどう)となって,倫理観の高い教理をうち出した。明治時代になって,富士講は教派神道十三派の神道扶桑(ふそう)教,実行教,さらに丸山教の三つの教団に分かれたが,現在もなお富士登拝の習俗はつづけられている。
[富士登拝の習俗]
 富士登山の伝説では,役行者(えんのぎようじや)を最初とすることから,富士山に対する修験道の影響が深いことはたしかである。…

※「扶桑教」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone