コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松本金太郎 まつもと きんたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松本金太郎 まつもと-きんたろう

1843-1914 幕末-明治時代の能楽師シテ方。
天保(てんぽう)14年9月19日生まれ。宝生(ほうしょう)流の松本弥八郎の養子。幕府崩壊後,徳川慶喜(よしのぶ)に随行して駿府(すんぷ)に隠退したが,明治15年上京して能楽の振興につくした。次男松本長(ながし)が跡をつぐ。大正3年12月16日死去。72歳。江戸出身。本姓は中田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の松本金太郎の言及

【松本長】より

…宝生流シテ方。宝生流の名家,松本金太郎(1843‐1914)の次男として静岡に生まれる。1882年父とともに上京,16世宝生九郎に入門,1917年九郎が没するまで稽古(けいこ)を受け,野口政吉(のち野口兼資(かねすけ))とともに宝生流の双璧(そうへき)とうたわれた。…

※「松本金太郎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

松本金太郎の関連キーワード市川 団十郎(11代目)松本幸四郎(10代目)市川団十郎(11代)松本幸四郎(9代)野口 兼資市川染五郎松本 長明治時代野口兼資泉鏡花天保

松本金太郎の関連情報