コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松花堂弁当 ショウカドウベントウ

デジタル大辞泉の解説

しょうかどう‐べんとう〔シヨウクワダウベンタウ〕【松花堂弁当】

松花堂昭乗が考案したという弁当。中に十字形の仕切りがあり、縁高でかぶせ蓋(ぶた)のある器に盛り付ける。料理の味が、仕切りによって他に移らない。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

とっさの日本語便利帳の解説

松花堂弁当

江戸初期の僧、松花堂昭乗が考案したと伝えられる弁当。器に十文字の仕切りをし、味が混ざらないようにして、縁高でかぶせ蓋のある器に盛り付けする。また、書道松花堂流は昭乗が開祖

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうかどうべんとう【松花堂弁当】

中に十字形の仕切りがあり、かぶせ蓋ぶたのついた縁高の四角い器を用いる弁当。色・形よく調理した煮物・焼き物や飯などを、仕切りの中に盛りつける。器は松花堂昭乗の考案という。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

松花堂弁当
しょうかどうべんとう

松花堂という器を用いた弁当の一つ。器は縁高(ふちだか)の四角の箱形で、かぶせ蓋(ぶた)がついている。中には十字の仕切りがある。ご飯、煮物、焼き物など区別して盛り分けられるので、味がほかに移らない。この器の形態は、江戸初期の真言僧で、また文人、画人、茶人でもある松花堂昭乗(しょうじょう)が絵の具箱として使用していた十字に仕切られた箱に、料理を盛って客をもてなしたという逸話にヒントを得て、のちに、ある料亭の主人が弁当箱として考案したものといわれている。[河野友美・大滝 緑]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

松花堂弁当の関連キーワード山本修夢焼き物

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松花堂弁当の関連情報