コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉勝正 いたくら しょうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉勝正 いたくら-しょうせい

1838-1886 幕末-明治時代の和算家。
天保(てんぽう)9年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)山辺郡の人。植松是勝(ぜしょう)にまなび,別伝をうける。門人には子安直吉,後藤磯右衛門がいる。明治19年死去。49歳。通称は源右衛門

板倉勝正 いたくら-かつまさ

1915-1992 昭和-平成時代の古代オリエント史学者。
大正4年1月22日生まれ。北大助教授をへて,昭和33年中央大教授。三笠宮崇仁(たかひと)とともに日本オリエント学会の創立に参加,理事,常務理事を歴任。学会の活動などを通じてオリエント学の普及につとめた。平成4年6月23日死去。77歳。東京出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

板倉勝正の関連キーワード小川 菊松明治時代和算家粘土板

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android