コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板倉勝正 いたくら しょうせい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

板倉勝正 いたくら-しょうせい

1838-1886 幕末-明治時代の和算家。
天保(てんぽう)9年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)山辺郡の人。植松是勝(ぜしょう)にまなび,別伝をうける。門人には子安直吉,後藤磯右衛門がいる。明治19年死去。49歳。通称は源右衛門

板倉勝正 いたくら-かつまさ

1915-1992 昭和-平成時代の古代オリエント史学者。
大正4年1月22日生まれ。北大助教授をへて,昭和33年中央大教授。三笠宮崇仁(たかひと)とともに日本オリエント学会の創立に参加,理事,常務理事を歴任。学会の活動などを通じてオリエント学の普及につとめた。平成4年6月23日死去。77歳。東京出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

板倉勝正の関連キーワード小川 菊松明治時代和算家粘土板

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android