コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板頭 イタガシラ

デジタル大辞泉の解説

いた‐がしら【板頭】

江戸の岡場所で、その娼家の最上位の遊女。1か月の揚げ代の最も多い遊女の名札が首位に掲げられたところからの名称。吉原の御職(おしょく)にあたる。板元(いたもと)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

いたがしら【板頭】

江戸時代、深川・品川などの岡場所で最も多額の揚げ代をかせぐ遊女。寄せ場に掛ける名札の板が首位に掛けられることからいう。吉原の御職女郎にあたる。いたもと。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone