コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

板頭 イタガシラ

デジタル大辞泉の解説

いた‐がしら【板頭】

江戸の岡場所で、その娼家最上位遊女。1か月の揚げ代の最も多い遊女の名札が首位に掲げられたところからの名称。吉原の御職(おしょく)にあたる。板元(いたもと)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いたがしら【板頭】

江戸時代、深川・品川などの岡場所で最も多額の揚げ代をかせぐ遊女。寄せ場に掛ける名札の板が首位に掛けられることからいう。吉原の御職女郎にあたる。いたもと。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

板頭の関連キーワード御職女郎江戸時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android