コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林復斎 はやし ふくさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林復斎 はやし-ふくさい

1801*-1859 江戸時代後期の儒者。
寛政12年12月27日生まれ。林述斎の4男。甥(おい)の林壮軒の病死で本家をつぎ,大学頭(だいがくのかみ)となる。嘉永(かえい)7年(1854)日米和親条約調印の際,井戸覚弘(さとひろ)らと全権をつとめた。安政6年9月17日死去。60歳。江戸出身。名は韑(あきら)。字(あざな)は弼中。通称は式部。別号に梧南,藕潢。著作に「御書籍来歴志」,編著に「通航一覧」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

はやしふくさい【林復斎】

1800‐59(寛政12‐安政6)
江戸後期の幕府儒官。諱(いみな)は韑(あきら)。林述斎の第6子。書物奉行,二丸留守居,先手鉄砲頭,西丸留守居を歴任。1853年(嘉永6)本家相続により役を辞し,大学頭を名のり復斎と号した。翌54年に,全権の一人として日米和親条約に調印。57年(安政4)末には,ハリスの要求をいれて幕府がアメリカと通商条約締結の方針を決めたことを奏聞するため,目付津田正路とともに上京した。江戸時代の対外関係の記録を分類整理した《通航一覧》は,復斎が中心になり編集した書である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

林復斎 (はやしふくさい)

生年月日:1800年12月27日
江戸時代末期の儒学者
1859年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の林復斎の言及

【通航一覧】より

…1853年(嘉永6)幕命により大学頭林韑(あきら)(復斎)が諸外国応接のための資料として編纂した江戸幕府の対外関係の事例集。三河時代から1825年(文政8)の異国船打払令までを含み,本編350巻,付録23巻。本編は関係諸国と長崎に部門を分け,それぞれ項目をたて編年順に関連史料を示す。付録は海防関係。引用史料は広範にわたり,記述は客観的で正確。日本近世の対外関係の基本史料。国書刊行会より刊行。【荒野 泰典】…

【徳川実紀】より

…江戸時代の史書。江戸幕府編纂。516冊(本編447冊,付録68冊,成書例・総目録・引用書目1冊)。大学頭林述斎を総裁とし,成島司直(もとなお)を主任格に20名余の編纂員で撰述し,1809年(文化6)起稿,43年(天保14)に完成。正本献上につづいて副本が作成され,49年(嘉永2)に完成。副本には出典を注記し,林韑(あきら)(復斎),成島良譲(筑山,稼堂)らが従事した。徳川家康から10代家治までの将軍の実紀で,一代ごとに将軍の言行,逸事などを叙述した付録を付してある。…

※「林復斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

林復斎の関連キーワード玉虫左太夫河田迪斎山崎鯢山中村黒水松崎柳浪生年月日林氏墓地嶺田楓江林学斎林鶯渓

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android