コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林復斎 はやし ふくさい

2件 の用語解説(林復斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林復斎 はやし-ふくさい

1801*-1859 江戸時代後期の儒者。
寛政12年12月27日生まれ。林述斎の4男。甥(おい)の林壮軒の病死で本家をつぎ,大学頭(だいがくのかみ)となる。嘉永(かえい)7年(1854)日米和親条約調印の際,井戸覚弘(さとひろ)らと全権をつとめた。安政6年9月17日死去。60歳。江戸出身。名は韑(あきら)。字(あざな)は弼中。通称は式部。別号に梧南,藕潢。著作に「御書籍来歴志」,編著に「通航一覧」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はやしふくさい【林復斎】

1800‐59(寛政12‐安政6)
江戸後期の幕府の儒官。諱(いみな)は韑(あきら)。林述斎の第6子。書物奉行,二丸留守居先手鉄砲頭,西丸留守居を歴任。1853年(嘉永6)本家相続により役を辞し,大学頭を名のり復斎と号した。翌54年に,全権の一人として日米和親条約に調印。57年(安政4)末には,ハリスの要求をいれて幕府がアメリカ通商条約締結の方針を決めたことを奏聞するため,目付津田正路とともに上京した。江戸時代対外関係の記録を分類整理した《通航一覧》は,復斎が中心になり編集した書である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の林復斎の言及

【通航一覧】より

…1853年(嘉永6)幕命により大学頭林韑(あきら)(復斎)が諸外国応接のための資料として編纂した江戸幕府の対外関係の事例集。三河時代から1825年(文政8)の異国船打払令までを含み,本編350巻,付録23巻。本編は関係諸国と長崎に部門を分け,それぞれ項目をたて編年順に関連史料を示す。付録は海防関係。引用史料は広範にわたり,記述は客観的で正確。日本近世の対外関係の基本史料。国書刊行会より刊行。【荒野 泰典】…

【徳川実紀】より

…江戸時代の史書。江戸幕府編纂。516冊(本編447冊,付録68冊,成書例・総目録・引用書目1冊)。大学頭林述斎を総裁とし,成島司直(もとなお)を主任格に20名余の編纂員で撰述し,1809年(文化6)起稿,43年(天保14)に完成。正本献上につづいて副本が作成され,49年(嘉永2)に完成。副本には出典を注記し,林韑(あきら)(復斎),成島良譲(筑山,稼堂)らが従事した。徳川家康から10代家治までの将軍の実紀で,一代ごとに将軍の言行,逸事などを叙述した付録を付してある。…

※「林復斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

林復斎の関連キーワード橋本実理石野広道村田準朔吉川松谷岡部南嶽北陸新幹線新学鈴屋集青木重竜お利尾の方

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone