林 雲鳳(読み)ハヤシ ウンポウ

20世紀日本人名事典の解説

昭和期の日本画家



生年
明治32(1899)年6月26日

没年
平成1(1989)年6月5日

出身地
岐阜県土岐郡笠原町

本名
林 雄一

学歴〔年〕
土岐郡立陶器学校卒

主な受賞名〔年〕
勲五等瑞宝章〔昭和51年〕,紺綬褒章〔昭和55年〕,笠原町名誉町民〔昭和56年〕

経歴
日本の伝統画・大和絵の数少ない継承者の一人。山口蓬春、橋本明治らとともに、歴史と古典の世界に画境を深めた。昭和7年帝展(現・日展)に初入選して以来、新文展を含めて連続10回入選。東京国立博物館の依頼で国宝粉河寺縁起絵巻」などの模写も行った。戦時疎開で笠原町に帰り、町教育委員、多治見市古窯・文化財調査委員などを歴任して地域文化の振興尽力

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android