吉崎(読み)よしざき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉崎
よしざき

福井県北部,あわら市北端の地区。文明3 (1471) 年本願寺8世蓮如によって開かれた吉崎御坊寺内町。蓮如が北潟湖に臨む小丘の上に寺を築き布教を始めると,加賀,越中,越前から門徒が移り住むなど,人々が集まり一大法城となった。しかし,わずか3年後の文明6 (1474) 年失火にあい,さらに仮坊舎も翌年朝倉経景に焼かれた。現在では東西両本願寺のそれぞれの別院の門前町。毎年4月末からの蓮如忌 (御忌) には参拝者でにぎわう。吉崎御坊跡は史跡。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

吉崎【よしさき】

現在の福井県あわら市北部の地名。現在は一般に〈よしざき〉という。古くは奈良興福寺領(春日社一切経料所)越前国河口荘細呂宜(ほそろぎ)郷に属し,《大乗院寺社雑事記》文明2年(1470年)7月14日条の〈河口庄郷々内村名〉に〈吉さき村〉とみえる。比叡山の迫害を受け,近江堅田本福(ほんぷく)寺(現大津市)などに身を寄せていた本願寺8世蓮如が1471年に下向,吉崎山(通称御山)に吉崎御坊(ごぼう)を創建して北陸地方教化の中心地となった。蓮如が当地を選んだ理由として,細呂宜郷の領主興福寺大乗院門跡経覚と蓮如との血縁関係,細呂宜郷別当和田本覚寺(現福井県永平寺町)の勧誘などが考えられる。吉崎山は標高32m余の低い丘であるが,三方を北潟湖に囲まれ,北東が加越国境の山地という要害の地で,御坊は城郭寺院的色彩が強かった。蓮如の吉崎滞留は4年2ヵ月ほどで,加賀国守護富樫政親の圧力が強まったことで1475年に退去する。しかし,この間に参集した門徒に仮名書の法語消息(御文)を与え,《正信偈(しょうしんげ)》,《三帖和賛(さんじょうわさん)》を開板するなど布教に努めた。その結果北陸一帯に本願寺教団が急速に形成され,一向一揆蜂起の基盤が整えられた。蓮如退去後の吉崎御坊は和田本覚寺などが維持したが,1506年の北陸一揆で破却。1670年代の再建時に東西両派が争ったため,現在山上は共有地で,麓の吉崎浦に浄土真宗本願寺派,東御堂に真宗大谷派の各吉崎別院がある。大谷派別院では毎年4月下旬から5月初めの10日間,〈吉崎御忌〉が開かれ,京都東本願寺から旧北国路を門徒の担ぐ輿で運ばれてきた蓮如の御影が開帳される。→蓮如仮名法語

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よしざき【吉崎】

福井県最北端にある坂井郡金津町の一地名。中世には,奈良興福寺大乗院領の越前坂井郡河口庄細呂宜(ほそろぎ)郷下方久吉(あるいは吉久)名(みよう)に属する。吉崎は,〈ヨシサキ〉〈御山〉ともいわれ,古来から白山信仰の聖地となっていたらしい。1471年(文明3)7月本願寺蓮如が同地に下向した。蓮如の北陸下向は大谷破却,堅田大責(おおぜめ)などの山門の圧迫を避けるためで,父存如の代に帰参した,北陸一帯に勢力を有する越前和田本覚寺系の門流の支援を期待してのことであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉崎
よしざき

福井県北部、あわら市の一地区。石川県境、北潟(きたがた)湖北部の東岸に位置する。中世は興福寺領河口庄細呂宜郷(かわぐちのしょうほそろぎごう)の地で、1471年(文明3)本願寺8世蓮如(れんにょ)が坊舎を建立し吉崎御坊の寺内町(じないまち)として発展した。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の吉崎の言及

【一向一揆】より

…68年(応仁2)には山門勢力は門徒の湖西の拠点堅田を襲撃し(堅田大責),門徒を含む住民はしばらく沖ノ島に逃れる。蓮如は難を避けて,大谷から近江を経て北陸に赴き,71年(文明3)加賀との国境に位置する越前吉崎に御坊を建立して,ここを中心に北陸の布教を本格化した。ここに,吉崎を中心とする北陸の教線が飛躍的に伸張する。…

※「吉崎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吉崎の関連情報