(読み)シオリ

とっさの日本語便利帳の解説

もとは山道などを歩くときに目印として木の枝を折って道しるべにしたもので、「枝折(しお)る」を名詞化した語。道しるべとして、他に草に紙を結びつけたりもしたことから、読みかけの書物にしるしとして挟むものも呼ぶようになった。

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


しおり

読みかけの書物の間に挟んで目印とするもので、ごく簡単な案内や手引などもさす。枝折とも書き、もとは山道などで木の枝を折りながら道しるべとしたところから、そうよばれるようになった。一般に短冊形が多く、材料には厚紙、薄板、編み糸、布地、皮革、合成樹脂などが用いられる。
 古くは「夾(きょうさん)」といって、縦90ミリメートル、横15ミリメートルに削った竹を3分の2まで裂き割り、さらに裂けないように元の部分を糸などで結んだものを、巻物や綴(と)じ物の間に挟み、読みさしの箇所や検出用のしるしとして用いていた。また僧侶(そうりょ)などが、竹、木、象牙(ぞうげ)などを薄板状にしてそこに書名などを記し、その上部に穴をあけて紐(ひも)を通した「箋(せん)」を巻子本(かんすぼん)に結び付けたり、または冊子に挟んで検出用としたが、これも栞の一種である。[野沢松男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

栞の関連情報