コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修学旅行 しゅうがくりょこう

5件 の用語解説(修学旅行の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

修学旅行
しゅうがくりょこう

教職員の引率のもとに,児童,生徒が日常経験しない土地の自然や文化を見学し学習するために行う旅行。明治 10年代頃から始り,慣行的に実施されていたが,現在は教育課程のなかに,特別活動に属する「遠足的学校行事」として位置づけられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうがく‐りょこう〔シウガクリヨカウ〕【修学旅行】

児童・生徒が文化・産業などの重要地を実地に見聞して知識や情操を深めるため、教師が引率して行う旅行。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうがくりょこう【修学旅行】

学校の公式行事として教職員の引率のもと,校外教育・学習の目的をもって学生,生徒,児童が集団で行う旅行。共同宿泊をともなう点で遠足と,また学習目的が複合的であり複数の目的地を周遊する点で臨海学校林間学校,合宿などと区別される。C.G.ザルツマン,シュトイKarl Volkmar Stoy,ラインWilhelm Reinらドイツの教育者により,18世紀後半から19世紀にかけて自然学習および身体訓練の目的をもって唱道され組織された徒歩旅行Wanderungen,教育旅行pädagogischer Reisenなどの影響を受けつつも,日本独特の性格をもつ学校行事として展開された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうがくりょこう【修学旅行】

児童生徒の心身の発達、学校生活の充実をはかる目的で、教師の引率のもとに、学年または学級単位で行う旅行。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

修学旅行
しゅうがくりょこう

教師の引率のもとに、児童・生徒が団体をつくって遠隔地に出かけ、平素の学校生活では望めない、さまざまな経験や見聞をすること。通常は宿泊を伴う点で遠足と区別される。諸外国にはあまり類例をみない、きわめて日本的な教育活動で、現在は、学校の教育課程のうえでは、特別活動のうちの学校行事に位置づけて計画され、実施されている。[井上治郎]

歴史

修学旅行は、1886年(明治19)2月に、東京師範学校(後の東京高等師範学校、東京教育大学)が11泊12日の日程で実施した、東京と千葉県銚子(ちょうし)の間を徒歩で往復する長途遠足に始まるとされている。これは、心身の鍛錬と規律正しい集団行動を目ざす兵式訓練的要素と、そのころの流行であった直観教授の主張、すなわち、実物に触れることを重視する教育理論に基づく校外学習の要素と、古くからの物見遊山(ゆさん)の系譜を引く慰安(いあん)、親睦(しんぼく)の要素の三者を、あわせ目的とする形で実施されたもので、その点でも今日の修学旅行の原型をなすものである。
 修学旅行という用語が、初めて教育法規に用いられたのは1888年の「尋常師範学校設備準則」においてであるが、やがてそれは、1900年代に入ると、小学校の高学年にもあまねく普及するに至った。これには、1899年に、当時の日本鉄道会社が、50人以上の団体に対して割引料金制度を導入したことによる促進効果も無視できないであろう。
 修学旅行の歴史をたどると、そこにはそのおりおりの時代の風潮が敏感に反映していることがわかる。たとえば、大正デモクラシー期には、慰安、親睦の要素が強調されているのに反し、1931年(昭和6)の満州事変以降は、伊勢(いせ)神宮の参拝や皇居遙拝(ようはい)を通しての国民精神の作興や心身の鍛錬に主眼が置かれるようになるのがその例である。[井上治郎]

現状

現在の小・中・高等学校における修学旅行は、毎月一定の金額を積み立てたうえで、最高学年ないしそれに準じる学年で実施するのが一般で、その際、学校では、事前指導や下見にも念を入れて、その教育効果をいっそう高めることに努めている。また、とくに中・高等学校段階では、修学旅行先に農・山・漁村を組み入れて、そこで勤労・生産的な体験学習をさせたり、集団的なサイクリングやレクリエーション活動を行わせたりするなど、その実施形態もとみに多様化しつつある。
 一方、交通機関の発達につれて、修学旅行の目的地はますます遠隔化し、それに伴って旅費もとかくかさむ傾向が認められる。さらに1987年(昭和62)の臨時教育審議会による「教育の国際化」提言を受け、文部省(現文部科学省)が国外修学旅行を積極的に奨励してからは、海外への修学旅行も急増した。公立高校の海外修学旅行の実施状況は445校、訪問国は中国・韓国が60%を占める(2000)。各都道府県の教育委員会では、修学旅行の実施基準を定めて、学校種別ごとに、宿泊日数や旅行先に一定の制限を設けているが、服装その他の支度や小遣いまで含めて考えると、その際の保護者の負担はけっして軽いものとはいえない。各学校の適切な対応が期待されることの一つである。[井上治郎]
『家本芳郎著『遠足・修学旅行』(1981・あゆみ出版) ▽鈴木健一著『修学旅行の理論と実際』(1983・ぎょうせい) ▽全国修学旅行研究協会編・刊『修学旅行総覧』(1990) ▽高橋哲夫編『特別活動の新研究9 中学校学校行事・体験的活動の新展開』(1991・明治図書出版) ▽中野光・吉村敏之編『日本の教師10 学校行事の創造』(1995・ぎょうせい) ▽高文研編・刊『修学旅行企画読本』(1995) ▽筑波大学附属中学校著『生きる力を育む修学旅行と校外学習』(1997・図書文化社) ▽速水栄著『うれしなつかし修学旅行――国民的行事に若者はどう参加したか』(1999・ネスコ) ▽全国修学旅行研究協会編・刊『全国、国・公・私立高等学校修学旅行実態調査報告書』各年版 ▽全国修学旅行研究協会編・刊『全国公立高等学校海外修学旅行実施状況調査報告』各年版』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の修学旅行の言及

【遠足】より

…レクリエーション,自然環境とのふれあい,および身体の鍛練や集団規律の訓練などを目的として,教師の主導のもとに,ほぼ1日行程で行われる子どもたちの集団的な校外活動。見学や観察など学習目的が限定された半日以内の行程のものを〈校外学習〉,宿泊をともなうものを〈修学旅行〉と呼んで区別する場合がある。欧米では19世紀にヘルバルト派教授論の影響下で校外学習と一体に行われ,20世紀には新教育思想の下で自然とのふれあいを強調して,英米ではschool excursion,ドイツではSchulausflugなどの名で行われた。…

【学校】より

…この勅語は,日本教育の根本方針は〈皇祖皇宗ノ遺訓〉にあるとし,そこから徳目を引き出し,国民はこの徳目を実践し,国家有事のさいには一身を国にささげ,天皇の治世がいつまでも盛んに続くよう助けるべきだ,と説いていた。教育勅語発布とともに,学校では,この精神にもとづく教科の授業とともに,儀式,修学旅行運動会などの学校行事により日本精神を体得させることが重視されるようになった。修学旅行という外国には例のない日本の学校独自の行事は,20世紀に入り,伊勢神宮参拝を中心とした敬神崇祖の念を強める教育活動の一つとして,また紅白にわかれて得点を争う運動会は,日清戦争のころから戦意高揚のための行事として重視された。…

※「修学旅行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

修学旅行の関連情報