コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

麻子仁丸 ましにんがん

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ましにんがん【麻子仁丸】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)麻子仁大黄(だいおう)杏仁(きょうにん)厚朴(こうぼく)枳実(きじつ)芍薬(しゃくやく)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。急性便秘、慢性便秘、便秘にともなう痔(じ)などに用い、便が乾燥して固いとき、とくに有効とされる。体力の低下している人、または高齢の人がおもな対象。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

麻子仁丸(ましにんがん)

漢方薬のひとつ。便秘の症状に処方される。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android