コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柄香炉 エゴウロ

デジタル大辞泉の解説

え‐ごうろ〔‐ガウロ〕【柄香炉】

《「えこうろ」とも》仏具の一。持ち運びできるように柄をつけた香炉手炉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

えごうろ【柄香炉】

仏事の法具名。柄の付いた金属製の香炉。法要の種類を問わず使用する。炉を左前方にして柄を両手で保持し,使用せぬ間は脇机(わきづくえ)など所定の場所に置く。香をたくのが本儀だが,略儀として香をたかずに使用することも多く,行道(ぎようどう)用に木製で形だけ作ったものもある。用途はさまざまだが,大法要で列進入堂するときに全員が手にするとか,礼拝(らいはい)・行道・表白(ひようびやく)などのときに導師が手にするとかいう例が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えこうろ【柄香炉】

〔「えごうろ」とも〕
仏具の一。柄のついた香炉。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の柄香炉の言及

【香炉】より

…南北朝時代,博山炉は仏教徒にも採用され,仏像台座中央や供養人物の手にしばしばあらわされている。行道用には新たに,長柄をつけた柄香炉(えごうろ)がつくり出された。北朝末の河北省景県封氏墓から,いわゆる鵲尾(じやくび)形の柄をつけた香炉が出土した。…

※「柄香炉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柄香炉の関連キーワード仏事礼盤

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android