コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三礼(読み)サンライ

世界大百科事典 第2版の解説

さんらい【三礼 Sān lǐ】

中国の礼に関する3種の古典,《周礼(しゆらい)》《儀礼(ぎらい)》《礼記(らいき)》の総称。《周礼》は《周官》ともいい,理想の官制をしるした行政法典。《儀礼》は士人階級の冠婚喪祭など宗教的政治的儀礼の集録。《礼記》は礼の精神や理論および解説を記した書。この三礼に注を施した後漢の鄭玄(じようげん)は,とくに《周礼》を重視し,《周礼》を中核に,《儀礼》《礼記》を関連させ,学説を調整して,礼の強固な体系化をこころみた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんらい【三礼】

中国、古代の作法や制度について記した三種の書物の総称。「周礼しゆらい」「儀礼ぎらい」「礼記らいき」。
〘仏〙 仏などに、三度礼拝すること。三拝。
中国で、天神・地祇ちぎ・人鬼をまつる三つの儀式。さんれい。

さんれい【三礼】

さんらい(三礼)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の三礼の言及

【葬制】より

他界【内堀 基光】
【中国】

[葬礼]
 中国は,礼の国と言われるほどに各種の儀礼が発達しているが,その中でも死者に対する葬礼は細微な点に及んで複雑である。それは,危篤が確認されたときから始まり,儒家の経典である《儀礼(ぎらい)》《礼記(らいき)》《周礼(しゆらい)》の三礼(さんらい)に基づいて進められる。賓客の来訪に備えて家を清掃し,病人を北牖(まど)の下に頭を東にして寝かせる。…

※「三礼」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三礼の関連情報