コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表白 ひょうひゃく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

表白
ひょうひゃく

表白」のページをご覧ください。

表白
ひょうびゃく

声明 (しょうみょう) の曲種名。「ひょうひゃく」「ひょうはく」とも読む。法会 (ほうえ) に際し,その趣旨や所願本尊に対して表明するもの。3つの部分から成り,初めに本尊聖衆などの三宝 (さんぼう) への帰依を表わし,次に法会や作法のおもな対象やその徳を講讃し,最後に行者の意志や祈願を述べる。はなやかな美文調で,法会の目的により種々の型がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひょう‐はく〔ヘウ‐〕【表白】

[名](スル)
考えや気持ちなどを、言葉や文章に表して述べること。「心情を表白する」
ひょうびゃく(表白)

ひょう‐びゃく〔ヘウ‐〕【表白】

《「ひょうひゃく」とも》法会(ほうえ)または修法(しゅほう)の始めに、その趣旨を仏前で読みあげ、仏法僧三宝(さんぼう)および大衆(だいしゅ)に告げること。また、その文。ひょうはく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

表白【ひょうびゃく】

開白(かいびゃく),啓白(けいびゃく)とも。願主から依頼を受けて,導師や表白師がその法会や修法に際して,その趣旨を述べる美文調の文章のこと。神仏に祈願内容を伝える〈願文〉を兼ねるものもある。
→関連項目作文大体澄憲東大寺諷誦文稿

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひょうびゃく【表白】

願文の一種。願文は神仏に祈願する文書であるが,所領を寄進して所願を述べる寄進状形式の願文,造塔堂,造仏,写経などに際して所願を述べ供養する供養願文,施物を表示し諷誦(ふじゆ)を所願する諷誦文など多種に及ぶ。表白は,以上のような施主・願主が認める願文とは異なり,施主・願主から依頼を受けた導師あるいは表白師が,修法・法会の開白または結願に際して,本尊の宝前にて法事の旨趣を啓白(けいびやく)すること,または啓白する文をいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひょうはく【表白】

( 名 ) スル
述べあらわすこと。 「人品の高卑を-するが如きは、人間世界の常態にして/福翁百話 諭吉」 → 表白ひようびやく

ひょうびゃく【表白】

〔「ひょうひゃく」とも〕
〘仏〙 法事の最初にその趣旨などを仏前に申し述べること。また、その文。啓白。開白。 「講師、声を挙て-する程に、此の居並みたる聴聞の者共/今昔 20」 → 表白ひようはく

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の表白の言及

【表白】より

…願文は神仏に祈願する文書であるが,所領を寄進して所願を述べる寄進状形式の願文,造塔堂,造仏,写経などに際して所願を述べ供養する供養願文,施物を表示し諷誦(ふじゆ)を所願する諷誦文など多種に及ぶ。表白は,以上のような施主・願主が認める願文とは異なり,施主・願主から依頼を受けた導師あるいは表白師が,修法・法会の開白または結願に際して,本尊の宝前にて法事の旨趣を啓白(けいびやく)すること,または啓白する文をいう。すなわち,行者たる導師の心中に求める所をあらわして,本尊,大衆に知らしめるために行うのが表白である。…

※「表白」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

表白の関連キーワードジュコーフスキーユリー カザコフチェスタートンベルゴーリツ嵯峨の屋お室ジェラルディナードソン大般若転読紫式部日記モンターレ本朝文粋金井沢碑おらが春一握の砂三師七証転向文学藤原茂明マルガン性霊集悼亡詩

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

表白の関連情報