コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柏原兵三 カシワバラヒョウゾウ

3件 の用語解説(柏原兵三の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かしわばら‐ひょうぞう〔かしはばらヒヤウザウ〕【柏原兵三】

[1933~1972]小説家・ドイツ文学者。千葉の生まれ。母方の祖父をモデルにした「徳山道助の帰郷」で芥川賞受賞。他に「長い道」「仮りの栖(すみか)」「ベルリン漂泊」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柏原兵三 かしわばら-ひょうぞう

1933-1972 昭和時代後期の小説家。
昭和8年11月10日生まれ。母方の祖父をモデルにした「徳山道助の帰郷」で,昭和43年芥川賞。以後,平明で人生肯定的な作風で「長い道」「仮りの栖(すみか)」などを発表した。昭和47年2月13日死去。38歳。千葉県出身。東大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柏原兵三
かしわばらひょうぞう
(1933―1972)

小説家、ドイツ文学者。千葉市生まれ。東京大学独文科卒業。ベルリン自由大学に留学(1963~65)ののち、母方の祖父をモデルにした『徳山道助(どうすけ)の帰郷』(1967)で第58回の芥川(あくたがわ)賞を受ける。留学中に健康を損ね、38歳で没した。作者自身の成熟した人柄がそのまま反映した、平明で人生肯定的な温かい作風。代表作に長編『長い道』(1969)、『仮りの栖(すみか)』(1970)、『夏休みの絵』(1971)、『ベルリン漂泊』(1972)、短編集『徳山道助の帰郷』(1968)、『兎(うさぎ)の結末』(1968)、『浸蝕(しんしょく)』(1970)、『短い夏』(1971)などがある。[古林 尚]
『『柏原兵三作品集』全7巻(1973~74・潮出版社) ▽しんせい会編『柏原兵三の人と文学』(1973・三修社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

柏原兵三の関連キーワード伊豆の踊子丹下左膳イギリス映画堀内恒夫東映(株)日中関係晩年華北分離工作松竹(株)日活(株)

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

柏原兵三の関連情報