柔道整復術(読み)じゅうどうせいふくじゅつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

柔道整復術
じゅうどうせいふくじゅつ

柔術の治療法として伝承されてきた,骨つぎ接骨)などの治療法。1970年制定の柔道整復師法によって医業類似行為の一つとされている。柔道整復師脱臼骨折の治療については,緊急の場合を除いては医師の指示を受けなければならない。歴史的,経験的に発達し,伝えられた用手治療技術で,類似のものが世界各地にあり,イギリスのボーン・セットはほとんど日本の整骨術に近く,19世紀アメリカ合衆国で集成された,骨格筋と臓器の機能の関係に注目する治療法のオステオパシーや,カイロプラクティックなどもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうどうせいふくじゅつ【柔道整復術】

骨折や脱臼の部位を正常に復する技術。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅうどう‐せいふくじゅつ ジウダウ‥【柔道整復術】

〘名〙 柔道家が、打撲捻挫・脱臼および骨折に対して行なう医術。業として行なう場合は、柔道整復師の試験に合格し都道府県知事免許を受けることを要する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android