柔道整復師(読み)ジュウドウセイフクシ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

柔道整復師

整骨院や接骨院などで治療する。外科手術投薬などはできないが、打撲、ねんざ、骨折脱臼挫傷五つの治療については、医師と同様に患者に代わって健康保険を請求できる。国が指定した学校で3年以上学び、国家試験に合格すれば資格を得られる。

(2011-07-16 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅうどうせいふくし【柔道整復師】

柔道整復術を業として行う資格を有する者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柔道整復師
じゅうどうせいふくし

柔道整復を業とする者をいう。柔道整復とは、骨折、脱臼(だっきゅう)、捻挫(ねんざ)、筋違いなどに対して応急的ならびに医療補助的に回復の施術を行うことをいう。俗にいう「骨つぎ」「接骨医」「整骨医」などの法律上の呼称であり、1970年(昭和45)に施行された「柔道整復師法」の規制を受ける。柔道整復師は、骨折、脱臼の患部に医師の同意なしに施術をしてはならないとされるが、応急手当てとして施術する場合はこの限りでない。しかし、外科的手術や投薬を行うことは禁じられている。柔道整復師の資格を得るには、文部科学大臣の指定した学校、あるいは厚生労働大臣の指定した柔道整復師養成施設において、解剖学・生理学・病理学・衛生学・柔道整復理論(実技を含む)、その他の必要な知識・技能を修得後(3年以上)、都道府県知事の行う試験に合格し、柔道整復師の免許を受けなければならない。柔道整復師は、養成施設に入学または入所する資格条件の一つに柔道の素養のあることをあげているのが特色である。[吉田安雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の柔道整復師の言及

【接骨師】より

…俗に接骨医,整骨医などともいわれるが,正式には柔道整復師という。柔道整復師法(1970)には〈都道府県知事の免許を受けて,柔道整復を業とするものをいう〉と規定されている。…

※「柔道整復師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柔道整復師の関連情報