コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳亭燕枝 りゅうてい えんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳亭燕枝 りゅうてい-えんし

談洲楼燕枝(だんしゅうろう-えんし)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柳亭燕枝
りゅうていえんし

落語家。[関山和夫]

初代

(1838―1900)本名長島伝次郎。初代春風亭柳枝(しゅんぷうていりゅうし)門下で、伝枝から真打となって柳亭燕枝と改め、のち談洲楼(だんしゅうろう)燕枝と号した。柳派の重鎮で、三遊亭円朝と並立した人情噺(ばなし)、芝居噺、三題噺の名人で、文才も豊かであったが、円朝に比べると不運な生涯であった。[関山和夫]

2代

(1869―1935)本名町田銀次郎。快楽亭ブラック門下から2代目柳家小さん門下に移り、小山三(こさんざ)、小三治となる。師没後、初代燕枝門下となり、小燕枝から2代目燕枝襲名。初代に倣って談洲楼と号した。[関山和夫]

3代

(1894―1955)本名進藤勝利。8代目扇橋(せんきょう)の子で2代目燕枝門となり、燕之助、小燕枝から5代目都々逸坊扇歌(どどいつぼうせんか)となったが、のちに3代目燕枝を襲名。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の柳亭燕枝の言及

【談洲楼燕枝】より

…江戸小石川の酒商長島清助の子として生まれ,少年時代から俳諧や落語を愛好したあげくに勘当され,初代春風亭柳枝に入門した。春風亭伝枝から初代柳亭燕枝となって真打に昇進した。1881,82年(明治14,15)ごろから三遊派の一枚看板三遊亭円朝に対して,柳派の一枚看板として並び称された。…

※「柳亭燕枝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柳亭燕枝の関連キーワード三升家 勝次郎(3代目)三升家 勝次郎(4代目)柳家 三語楼(1代目)柳家 小さん(3代目)春風亭 柳好(3代目)春風亭 柳枝(3代目)春風亭 柳朝(3代目)談洲楼 燕枝(2代目)柳家 三語楼(初代)柳亭 燕路(3代目)柳亭 左楽(4代目)松柳亭 鶴枝(初代)談洲楼 燕枝(初代)柳亭 燕枝(3代目)春風亭柳枝(3代)三笑亭可楽(7代)春風亭柳好(3代)談洲楼燕枝(2代)談洲楼燕枝(2世)談洲楼燕枝(初代)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android