コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柳美里 ユウミリ

デジタル大辞泉の解説

ゆう‐みり【柳美里】

[1968~ ]小説家劇作家神奈川の生まれ。在日韓国人二世。劇団東京キッドブラザースに入団。女優・演出助手を務める。のち「魚の祭」で岸田国士(くにお)戯曲賞を当時の最年少記録で受賞。小説「家族シネマ」で芥川賞受賞。他に「フルハウス」「ゴールドラッシュ」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳美里 ユウ-ミリ

1968- 昭和後期-平成時代の劇作家,小説家。
昭和43年6月22日神奈川県生まれ。在日韓国人2世。劇団東京キッドブラザースの女優をへて,昭和63年青春五月党を結成。平成5年「魚の祭」で岸田国士(くにお)戯曲賞を最年少で受賞。家族の解体と再生をテーマに小説もかき,8年「フルハウス」で泉鏡花文学賞および野間文芸新人賞,9年「家族シネマ」で芥川賞,11年「ゴールドラッシュ」で木山捷平(しょうへい)文学賞をうけた。横浜共立学園高中退。著作はほかに「8月の果て」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

柳美里の関連キーワード雨と夢のあとにテレビドラマルージュ昭和

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柳美里の関連情報