コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴又帝釈天 シバマタタイシャクテン

世界大百科事典 第2版の解説

しばまたたいしゃくてん【柴又帝釈天】

東京都葛飾区柴又にある日蓮宗経栄山題経(だいきよう)寺の通称で,帝釈天をまつることからこの名がある。1629年(寛永6)の創建。1779年(安永8)春の庚申の日に,日蓮がみずから刻んだ帝釈天の板絵(板本尊)が,本堂の棟上から出現した。このいわれによって,庚申の日が縁日としてにぎわい,除難の守護神として広く信仰されている。この地方に顕著な庚申信仰と日蓮信仰の融合した姿であろう。門前町は古い面影を残す。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しばまたたいしゃくてん【柴又帝釈天】

東京都葛飾区柴又にある日蓮宗の寺。正式名は題経寺。1629年、日忠の開創。本尊の帝釈天像は日蓮作と伝えられ、いわゆる板本尊として有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

柴又帝釈天
しばまたたいしゃくてん

東京都葛飾(かつしか)区柴又にある日蓮(にちれん)宗の寺。正しくは経栄山(きょうえいさん)題経寺(だいきょうじ)と号する。1629年(寛永6)に中山法華経寺(ほけきょうじ)第19世禅那院(ぜんないん)日忠(にっちゅう)を開山とし、実際には弟子の題経院日栄(にちえい)が開創した。日蓮が刻んだと伝えられる板本尊には、片面に題目と『法華経』薬王品(やくおうぼん)の文が記され、他面に帝釈天が彫ってある。その本尊は江戸中期には所在不明であったが、1779年(安永8)の春、庚申(こうしん)の日に、本堂を修理したとき棟(むね)の上から発見され、以後、庚申信仰に結び付いて宵庚申(よいごうしん)の参拝が行われるようになった。第9代日敬(にっきょう)は、1783年(天明3)飢饉(ききん)、疫病(えきびょう)のとき、板本尊を背負って町に出、一粒符(いちりゅうふ)(秘妙符)を病人に施与し、霊験(れいげん)あらたかであったと伝えられる。60日ごとに庚申大祭を行い、一粒符、除疫守(風封じ)を授与しており、参詣(さんけい)者は多い。帝釈堂の内外には数多くの木彫が施されている。[田村晃祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

柴又帝釈天の関連キーワード東京都葛飾区柴又東京都葛飾区二葉 喜太郎葛飾(区)二葉喜太郎笠 智衆柴又街道弾き猿開創

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

柴又帝釈天の関連情報