コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柴田順作 しばた じゅんさく

1件 の用語解説(柴田順作の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柴田順作 しばた-じゅんさく

1814-1891 江戸後期-明治時代の農政家。
文化11年5月生まれ。駿河(するが)(静岡県)庵原郡(いはらぐん)原村の名主。天保(てんぽう)の飢饉(ききん)による農民の困窮をすくうため,下野(しもつけ)(栃木県)にいた二宮尊徳に教えをうける。帰郷して農業改革につとめ,片平信明らと各地に報徳社をつくり,明治11年駿河東報徳社に発展させた。明治24年4月23日死去。78歳。名は堅節。字(あざな)は光年。通称ははじめ権左衛門。号は松斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

柴田順作の関連キーワードブルボン朝葛飾北斎奈破崙竹垣直温エイズボル憲法ルイ[18世]ネパール戦争ノルウェー文学冒険小説松平斉民

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone