コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原村 はら

1件 の用語解説(原村の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原村
はら

長野県東部,八ヶ岳連峰の西斜面にある村。中心地域は標高約 1000mの高冷地で,米作を主に高冷地野菜が栽培される。 1977年に八ヶ岳横断道路,さらに 82年中央自動車道の勝沼-甲府昭和間が開通し,首都圏からの交通が便利になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

原村の関連キーワード赤岳野辺山高原小海長野県東御市和長野県諏訪郡原村長野県諏訪郡原村原山長野県南佐久郡南牧村八千穂〈村〉南牧[村]泉末廣

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原村の関連情報