コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栂池高原 つがいけこうげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栂池高原
つがいけこうげん

長野県北西部,後立山連峰白馬岳の東方斜面に広がる高原白馬村小谷 (おたり) 村に属する。親の原 (800~1000m) ,神の田圃 (1600~1700m) ,栂池,天狗原 (1800~2200m) の3段に分れた高原の総称。親の原は各所にスキー場が設けられ,栂池は初夏のスキー場となり,またミズバショウニッコウキスゲ群落もあって観光客が多い。眼前白馬三山が望める。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

つがいけ‐こうげん〔‐カウゲン〕【栂池高原】

長野県北西部、白馬(しろうま)岳東麓に広がる親の原を中心とした標高800メートル前後の高原。一帯は日本有数のスキー場として有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔長野県〕栂池高原(つがいけこうげん)


長野県北西部、飛騨(ひだ)山脈(北アルプス)北部の白馬(しろうま)岳(標高2932m)から北東に延びる尾根上の乗鞍(のりくら)岳(同2469m)東腹の天狗原(てんぐはら)一帯。標高約1870mの湿原にある栂池自然園にはミズバショウやニッコウキスゲが群生。近くに栂池高原スキー場がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

栂池高原
つがいけこうげん

長野県北西部、白馬(しろうま)岳東麓(ろく)に展開する高原。親ノ原を中心とした標高800メートル前後の高原で、昭和30年代までは地元小谷(おたり)村の集落の共有地で、牧場や森林地、屋根葺(ふ)き用のカヤ場などがあった。40年代になってスキー場が開設され、これに伴い民宿、ペンションなどが多くなった。高原上部には高層湿原の神の田圃(たんぼ)、栂池自然園があり、遊歩道がある。また親ノ原には近世糸魚川(いといがわ)から松本方面へ塩を運んだ塩の道(千国(ちくに)街道)が通り、周辺には石仏群や牛方宿が残っている。JR大糸線白馬(はくば)駅からバスの便がある。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の栂池高原の言及

【小谷[村]】より

…豪雪・地すべり地帯のうえ,耕地が少なく昭和30年代から40年代にかけて急速に過疎化が進行した。近年,栂池(つがいけ)高原などにスキー場が多数開設され,観光産業が発展している。南西端に乗鞍岳,小蓮華山などがあり,一帯は中部山岳国立公園に,北東部は上信越国立公園に指定されており,小谷,島,姫川の温泉もあって,夏は登山客やハイカー,冬はスキー客でにぎわう。…

※「栂池高原」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

栂池高原の関連キーワード北アルプス小谷村乗鞍山脈東麓

栂池高原の関連情報