コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株式買取権付社債 かぶしきかいとりけんつきしゃさい

世界大百科事典 第2版の解説

かぶしきかいとりけんつきしゃさい【株式買取権付社債】

社債に株式買取権が付与されたもの。株式買取権を与える証書を〈ワラントwarrant〉というのでワラント社債ともいう。株式買取権とは,一定の期間(期間の定めがないこともある)内に,一定価格で一定数量の社債発行会社の株式を買い取ることができる権利である。 株式買取権付社債の一つに新株引受権付社債がある。これは,社債の償還期限内の一定の期間に一定の数または額の新株の発行を会社に対して請求することができる権利が付与された社債である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

株式買取権付社債の関連キーワード事業債

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android