コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根こぶ病 ねこぶびょう

2件 の用語解説(根こぶ病の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

根こぶ病【ねこぶびょう】

変形菌門ネコブカビ科に属するプラズモディオフォラ・ブラシケによって引き起こされるハクサイ,カブなどのアブラナ科野菜の重要な土壌伝染病。根に大小のこぶが生じ,地上部の生育も衰える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

根こぶ病
ねこぶびょう

ハクサイなどのアブラナ科野菜の根が、変形菌類に属する原始的な菌であるプラスモディオフォラ・ブラシケーPlasmodiophora brassicaeの寄生を受け、こぶ状に著しく肥大する病気。この病気にかかると地上部の生育は悪くなり、葉は初期には日中萎凋(いちょう)する程度であるが、病勢が進むと黄変し落葉する。このような株の根は肥大してこぶ状になっているが、こぶの組織内には病原菌の変形体が形成され、のちに多数の休眠胞子になる。休眠胞子は病組織が崩壊すると土壌中に分散する。休眠胞子は新しくアブラナ科植物が作付けされると、地中で発芽して鞭毛(べんもう)をもった遊走子を生じ、根の表皮、根毛から組織内に侵入、鞭毛を失ってアメーバ体となり、のちに変形体となる。この菌は細胞壁がなく、また菌糸体もないきわめて原始的な菌である。近年ハクサイその他地域特産の漬菜類の栽培が集約化し、連作されることが多いため、本病の発生も多くなり、また防除が困難なため、もっとも重要な病害となっている。発病地では連作を避ける。また酸性土壌で発病が多いので石灰を施用するほか、カーバムナトリウム塩剤(「キルパー」)、ダゾメット剤(「バスアミド」)、フルアジナム剤(「フロンサイド」)、フルスルファミド剤(「ネビジン」)などの殺菌剤を施用して防ぐ。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

根こぶ病の関連キーワードあらずもがな心ならずも木深い根瘤蠅黴図らずも変形菌紫埃黴遣らずもがなプラズモン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

根こぶ病の関連情報