根本悪(読み)コンポンアク

大辞林 第三版の解説

こんぽんあく【根本悪】

カントの用語。道徳法則に違反する格率を採用しようとする、人間本性に生得的な悪への性向。自由意志の主体としての人間性に必然的に伴うもので、これを道徳法則によって善へと克服することに宗教が構想される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の根本悪の言及

【悪】より

…この考え方は理論的には形相と質料の二元論を克服しているが,倫理学や心理学の立場からみると難点がある。例えばカントは,人間の道徳的意志を理性的な善への意志であるとしたが,その根底に,善意志に反する根本悪の傾向を考えなくてはならなかった。ユングは,キリスト教世界では〈悪はどこから来るか〉という問いは答えられていないと言っている。…

※「根本悪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android