コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

根本悪 コンポンアク

デジタル大辞泉の解説

こんぽん‐あく【根本悪】

《〈ドイツ〉radikales Böseカントの用語。自己愛ナルシシズム)の衝動に従おうとする生まれつきの傾向。一切の悪への性癖の根源をなすもので、道徳法則による善の原理によってこの悪の原理を克服しようとする戦いが宗教の立場とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こんぽんあく【根本悪】

カントの用語。道徳法則に違反する格率を採用しようとする、人間本性に生得的な悪への性向。自由意志の主体としての人間性に必然的に伴うもので、これを道徳法則によって善へと克服することに宗教が構想される。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の根本悪の言及

【悪】より

…この考え方は理論的には形相と質料の二元論を克服しているが,倫理学や心理学の立場からみると難点がある。例えばカントは,人間の道徳的意志を理性的な善への意志であるとしたが,その根底に,善意志に反する根本悪の傾向を考えなくてはならなかった。ユングは,キリスト教世界では〈悪はどこから来るか〉という問いは答えられていないと言っている。…

※「根本悪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

根本悪の関連キーワードカント哲学の基本概念リクール自由意志格率

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android